本文へスキップ

漢方薬で不妊症や皮膚病を改善、東洋医学を専門とする富士市の「かかりつけ相談薬局」

TEL 0545-63-3150

お気軽にご相談ください  静岡県富士市松岡486‐4

健康に不安だったり、病気になる事を恐れているあなたへ

今何時ですか?

私たちは時間を知りたいときに、3本の針が指し示す数字を読み解くことで正確な時を知ることが出来ます。
では、この正確な時を刻む精巧な機械について、私達はどれくらい知っているでしょうか?生涯にわたり何度となく見つめその恩恵を受ける割には、文字盤の裏で繰り返される律動のメカニズムについては思いのほか知らないのではないでしょうか?
時計よりもっと日常的なものに私達の健康があります。毎日を健康に過ごすことは大変ありがたい事で、それを生涯にわたって続けていく事は、時計の秒針を合わせる事よりもはるかに難しい事です。命の律動が乱れた時に慌てる事のないよいうに、その文字盤の裏側にある健康の仕組みについて考えていきましょう。

健康とは

健康とは世界保健機関(WHO)憲章の中で次のように定義されています。

健康とは、肉体的、精神的、そして社会的に完全に良好な状態であり、単に病気や虚弱さがないというだけではない。

健康を言葉で説明しようとすると、どうしても○○でないと言う否定文の羅列に終始してしまいがちですが、肯定文での書き出しに積極性を感じます。
そして健康を語る上で肉体、精神、社会の3要素を取り入れていることから、健康とは自己への問いかけだけでなく、社会の中での自己の有りようにまで及んでいると言えます。では健康やその対極にある病気についての原則をいくつか紹介したいと思います。健康な生活を送る上での考え方の一例として参考になればと思います。
  • @完璧な健康は達成できない。
    毎日体調や気分が変化するように健康状態は常に流動的です。
    環境やストレスに適応するために健康のバランスは必ず崩れるようにできています。仮に完璧な健康を達成したとしてもそれは一時的なものに過ぎず、私達は生きていくうえで、無数の局面において常に変化を強いられています。
    健康と言う一時的な状態に終わりが来ても、それはただ次なる新しいストレスに見合うより良い状態に道を譲っただけの事です。言い換えれば、症状が深刻でひどい苦痛を伴うものであっても、それは体が新しい条件に合わせて再調整されている一時的な局面と言えます。振り子のようにとどまることなく常に最適なバランスをとろうと動き続けているのです。
  • A病気になっても大丈夫
    病気の状態を好ましくないと考えて、何とか楽になるように、早く治るようにと工夫し努力するのは当然です。
    病気は次に訪れる相対的に健康な期間への途中経過であり、夜が無ければ昼が無いのと同じく一方が無ければ他方が存在しえないものです。
    病気になってしまったという罪の意識や怒り、恐怖心などは、心身がより良い状態へ到達しようとする過程の妨げになってしまいます。病気になにがしかの意味があるのではなく、ただ病気という局面があるだけだと言う事です。
    また健康が良いもので病気が悪いものという短絡的な価値観ではなく、これらは生命活動と言うダイナミックな平衡状態で現れる一時的な局面に過ぎないと言う事です。

  • B誰でも治ろうとする力を持っている。
    治癒は外からではなく内からやってきます。
    失われたバランスを取り戻そうとする生得の治癒力の事です。何らかの理由で治癒の発現がおくれてしまう事があっても、生得権として固有に備わった治癒力は、変化する諸条件が整えばいつでも健康に復帰できることを保証してくれます。
    医薬はその為の補助的介入であり、治癒の妨げになっているものを取り除くことは出来てもそれ以上の魔法の力はありません。
    それは治癒力に比べれば、微々たる力なのかもしれません。

  • Cあらゆる病気は心身相関病である。
    病気には身体的要素と精神的要素の両面があります。
    心の不調が身体に現れる心因性(たとえばストレス性胃炎など)というような狭い意味ではありません。風邪などの病気にかかった時に、悲しい気分になったり怒りが湧いてきたりする事があるように、風邪であってもその影響が精神に及ぶと言う事です。
    心や身でなく、心身とは人間の非物質的および物質的な二つの極であり、健康を考える上で切り離して考えられません。一枚の紙を表から切れば裏も同様に切れてしまうように、心身は切り離して存在していないのです。
    切り離せるのは言葉の上だけです。

  • D病気には必ず軽微な初期症状がある。
    「難しい事に対してはまだやさしいうちに処理し、大きな事に対しては、まだ小さいうちに処理せよ。」これは老子の言葉です。
    物事は、有るか無きかの始まりから生まれて頂点に達し、やがて消えていくという法則があります。人の一生に比べれば稲妻のような瞬間的な出来事であっても、山のように不変不動に感じられるものであっても、あらゆるものは小から大へと変化をします。
    病気と言う局面の入り口にある軽微な初期症状を見逃さない事、予防に努める事の大切さを忘れてはなりません。

  • Eからだは人によって異なる。
    人間はある面では皆似たようなものだが、少なくとも類似点よりも相違点の方が多いものです。甲の薬は乙の毒という諺があるように、ある傾向から外れる人は少なからずおります。
    37℃で立っていられなくなるほどふらつく人がいる一方で、長年浴びるように酒を飲んでも若々しい肝臓を維持できる人もいます。空気中の微小な浮遊物にアレルギーを示す人がいる一方で、きれいな肺を保つ往年のヘビースモーカもいます。
    心身へのあらゆる介入(食べ物、医薬、○○療法など)を一般化しようとする試みは、完璧な健康という幻想への情熱をかき立てるだけで、徒労に終わるのではないでしょうか。

  • F誰にでも弱点がある。
    非常に感度の高いセンサーは、軽微な異常に素早く反応し大事に至る前に危険を知らせてくれます。
    体調がすぐれないときに出てくる症状、例えば喉のヒリヒリや眼の中のゴロゴロ、頭痛や胃の痛み、心拍の異常や情緒の変化など。これらは誰もが受け取ったことのある心身からのメッセージであり、兆しです。
    この様な自分の弱点を知り、いち早く気が付く訓練をしておくことで、大火になる事を予防できます。

  • G血流は治癒の主役である。
    治癒とは究極的には神秘の所作かもしれないが、健康を取り戻そうするためにおこる反応の多くは理解が可能な物質的なものです。傷口の血液が固まったり、外部からの異物の侵入を防ぐ免疫の働きなど。。。
    昔から治癒の媒体は様々な表現で言い表されてきたが、現代の言葉でいえば血流と言う響きが最もしっくりきます。
    体の隅々まで過不足なく巡る不断の流れに乗って治癒はもたらされます。


    健康の概念は実に多様です。
    その多くは個人の価値観に委ねられている一方で、日頃から健康について思いを巡らす機会は少なくないでしょうか。数値の異常を正すだけに終始したり、流行りの健康法やダイエットに励む事は、一時的な心の慰安になるかもしれませんが、のびやかな健康へはつながりません。健康とはより主体的な自己や社会への関わりであり、関わる上でこのような原則が役に立てばと思います。


    付け加えれば、加齢は健康を脅かす存在ではありません。
    人生の後半に色濃く表れる加齢の影響は、医薬や補助器具、介護等の介入を受け入れざるを得ない状況に及ぶ事があります。
    そのような局面にあっても、人は新しい条件に合わせてより良い状況に再調整しようとバランスをとり続けます。心身の問題があってもそれを主体的に克服しようと関わりを持ち続けているのであれば、たとえ重大な健康問題を抱えていたとしても健康的な生活だと言えるのでしょう。

    私達の二つとない個性的なデザインの時計は、寄せては返す白波のような律動を振り子に伝え、多少の狂いを伴いながらも今日、明日と時を刻み続けます。

shop info店舗情報

漢方薬 影山薬局


影山薬局外観

〒416-0909
富士市松岡486‐4
TEL.0545-63-3150
FAX.0545-63-6127
駐車場有り

営業10:00〜19:00
(日祝祭日除く)